店舗向け汎用NASと連携できる監視カメラの録画システム

複数のパソコンに繋げた店舗向け汎用NASを用いた監視カメラでの録画システムについて
未分類

店舗向け監視カメラ

2017年5月1日

店舗で監視カメラを設置することは様々な点で役立っています。銀行やコンビニでの強盗にあった場合の、被害状況を提出するという監視カメラを設置することにより防犯になっています。また、店舗内の様子を確認する上でも監視カメラは重要です。特にレジを管理している従業員が現金を抜き取ることがあります。この証拠を抑えるためにも監視カメラは重要なはたらきをします。さらに、接客態度を見る上で、監視カメラを利用する良さもあります。そして、あの時はこのように対応して欲しいという振り返りができるのです。

さて監視カメラは、設置されていない店舗では万引きの標的にされたりします。そこで、汎用NASと連携できる監視カメラについて説明します。汎用NASの、汎用とは広く使用出来るという意味です。また、汎用NASのNASとは、LANケーブルを通じてのネットワークを活用したハードディスクがNASといえます。NASは、Network Attached Storageの略になり、英語の直訳ではネットワーク付属のストレージです。ストレージとは、記憶装置です。

このように一台のパソコンから監視カメラのデータを管理する方法もありますが、汎用NASの場合ですとネットワークを活用することになり複数のパソコンを利用することが可能になります。それでは複数のパソコンに繋げた店舗向け汎用NASを用いた監視カメラでの録画システムについて、汎用NASと連携、カメラの録画システム、店に設置、監視カメラを説明します。